ドライバーの仕事を始める前に!知っておきたいメリットとデメリット


ドライバーとして働くメリットは

ドライバーの中でも、メリットが多い仕事が、荷物を個人宅や店舗に届けるルート配送ドライバーです。大型免許など特別な免許を持たない人でも気軽に応募できる求人が多いだけでなく、長距離ドライバーとは違い拘束時間が短く、規則正しい働き方ができるというメリットがあります。日中の仕事が中心となる上に、配送先で様々な人と話す機会も多く、睡魔に悩まされる心配もありません。配送する荷物は、手で持って運べるサイズが殆どのため、女性でも気軽に働けます。運転免許を活かして仕事を始めたいという場合は、配送ドライバー求人を探すところから始めてみると良いでしょう。

ドライバーとして働くデメリット

配送ドライバーとして働く上でデメリットとなるのが、出勤時間の早さです。お客様の元に荷物を届け始めるのは9時以降となることが殆どですが、それまでに配送する荷物のチェックや車への積み込みなどを行う必要があります。出勤時間は業者によって異なりますが、朝の7時頃には出社しなければいけない業者が多く、早起きが苦手という人にはこの時間がデメリットとなることがあります。ただ、出勤時間が早い分、夕方頃には仕事が終わることが多く、夜の時間をゆっくり過ごしたい人は配送ドライバーの仕事を始めてみると良いでしょう。さらに、配送ドライバーは土日休みなど決まった日に休めるというメリットもあります。そのため、規則正しいペースで働けるドライバー求人を探しているのであれば、配送ドライバーの仕事に注目をしておいて損がありません。

仕事内容によっては長時間労働となるドライバーの仕事では、福利厚生の充実が大きなポイントです。岐阜のドライバーの求人を探す時は、安心して働ける環境が整っている会社を選ぶことが重要と言えます。