ドライバーの仕事にはどんなメリットやデメリットがあるか


ドライバーの仕事のメリットは多い

トラックやタクシーなどのドライバーとして働く場合、働く車種によって多少は異なりますが共通するメリットとしては、地理に詳しくなることです。仕事で様々なところに行くため、地域の地理や道路状況に対して詳しくなれます。また、運転する車種によっては第二種免許を取るために会社側のサポート体制が充実していることです。第二種免許を取得するためには教習所に通わなければなりませんが、教習所に通うために会社側で勤務時間に余裕を持たせてもらえる場合があります。さらに異業種からでも運転免許証を持っていれば転職できるのがメリットです。出勤時間の融通が利くことや、コミュニケーションが得意ではない人でも周囲を気にせずに働くことができる仕事でもあります。

肉体的なストレスが多いドライバーの仕事

デメリットとして挙げられているのは、肉体的なストレスが多いです。乗る車種によって異なりますが、早番、遅番など生活リズムが不安定となるため、睡眠時間が一定となりません。適切に睡眠をとれるようにしないと運転でケアレスミスが発生し、事故が起こりやすくなるため注意が必要です。また、トラックなどのドライバーの場合、重い荷物の運搬をしなければならないため、腰痛になりやすい危険性があります。対策としては無理をして荷物を担がないようにすること、道具を使って身体への負担を低減させることが必要です。タクシーやバスなどのドライバーの場合は、乗客とのトラブルが発生する危険性もあります。職場での人間関係に煩わされることはありませんが、乗客によってはクレームや因縁をつけてくる可能性があるため、対策を講じておくことは必要です。

大阪のドライバーの求人では長距離の運送の需要が高いのが特徴で、トラックやバスのドライバーの募集が多くなっています。