電話面接に対応しよう!今はテレビ電話も必要?


電話面接は遠方への応募ではよくある

仕事探しをしているときには面接対策を万全に整えておくのが大切だというのはよく理解できている人が多いでしょう。新卒のときと同じように部屋への入室の仕方から立ち振る舞い、退室のやり方まで徹底して勉強して準備をしているかもしれません。しかし、電話面接が行われることもあるというのを知っているでしょうか。テレアポの仕事やコールセンターの仕事の場合の面接ではないかと思うかもしれませんが、一般的な職種であっても電話面接のことがあります。特に遠方のオフィスや工場に面接に行くのは大変なので、便宜を図ってくれて電話になることもあるでしょう。公平性を考えて最初から全部電話面接になっていることもあります。この対策をしておくことも仕事探しでは大切です。

テレビ電話にも対策しよう

電話は音声だけでやり取りをするので難しい部分もありますが、最近ではテレビ電話による面接も増えてきています。テレビ電話の場合には映像で自分の姿を見せることができ、面接官の姿または面接室の様子を画面で見ることが可能です。面接当日に会社説明を受けられることも多く、スライドが画面上に直接表示されるので見やすいというメリットもあります。テレビ電話ではただの電話の面接と違ってきちんとした服装を整えておく必要があり、カメラを使えるパソコンを準備することも欠かせません。このような準備に手間どってしまうことは多いものの、音声だけの電話での面接に比べると受けやすく、アピールもしやすいのが魅力です。

人材派遣会社に登録をしておくことにより、自分の就きたい仕事探しがしやすくなり、また、仕事を斡旋してもらえます。