工場の仕事に向いている人・不向きな人って?

工場での仕事のイメージ

工場での仕事は、いわゆる「3K」と呼ばれる現場作業のことを指します。3Kは「きつい」、「きたない」、「危険」を意味する言葉です。どうしても体力のいるハードな仕事というイメージが先行しがちですが、工場と言っても様々な業種がありますので一概には言えません。

工場の現場作業としては、大まかに分けて3つの工程に分けられます。製造→テスト(検査)→出荷の流れです。企画や発注など、前後に違う業務も入ってきますが、大量生産系のいわゆるメーカーの工場では、この3工程が基本パターンとなります。大型の物から精密な物まで、業界や会社によって取り扱う製品は変わってきますが、共通して言えることは機械を相手にした仕事ということです。

工場の仕事に向いている人・そうでない人

工場での現場仕事は、デスクワークではなく基本的に身体を動かす仕事です。そのため体力に自信がある方や、繰り返しの作業が得意な方は工業の仕事に向いていると言えるでしょう。工場では決められた作業を繰り返すことがほとんどのため、一度仕事を覚えてしまえば作業がぐっと楽になる傾向があります。決められたことを順番通りに行えることが強みになります。

逆に、体力に自信のない方や、繰り返しの作業が苦手な方は工場の仕事に不向きかもしれません。仕事のやり方の改善提案などは行えますが、基礎から仕事のやり方を変えられることは少ないです。違うやり方を試しながら仕事をしたいという方にとっては、単純作業が苦痛に感じてしまうかもしれません。

神奈川の工場の求人は未経験でも安心なように、作業を練習できる機会を与えてくれます。マニュアルもあるのでわかりやすいです。