職場に空調がないときつい!!駅から離れている工場なら通勤方法を確認!!

職場の空調はどうなっているか

工場での作業と言えばかつては3Kと言われていました。危険、汚い、きついの3Kであまり希望する人がいなかったとされます。現在においても3Kの状態の職場もありますがすべての工場がそうではありません。大手会社が運営する工場などでは従業員が働きやすくなるような取り組みがされていて、3Kのどれにも該当しない工場もあります。きつい仕事と言えば夏の暑さや冬の寒さに耐えないといけない職場がありますが、空調はどうなっているか気になるかもしれません。大手会社であればエアコンが完備しているところもあり暑さや寒さを感じずに仕事ができます。ただ食品工場などは冬でもあまり強い暖房が入れられないところがあり、少し寒さを感じながら仕事をしなければいけません。

駅から離れている工場への通勤方法

地元の工場の求人に応募して採用されれば徒歩や自転車などで通勤ができるでしょう。地元に工場がないときは鉄道などで最寄り駅に行く必要がありますが、職場が工場だと駅から離れていて徒歩で行くのが大変なところもあります。求人情報を見るときにはどうやって通勤をするのか確かめておき日々の通勤に困らないかどうかをチェックしておきましょう。一定人数の従業員がいるところだと工場が運営する送迎バスが用意されるときがあり、送迎バスにうまく乗れれば駅から徒歩で通勤する必要がなくなります。路線バスを使わないといけないときはその分交通費がかかりますが、会社によってはその分の交通費を出してくれるところもあるのできちんと請求しましょう。

岐阜の工場の求人には、自動車部品や電子部品、建設機械、プラスチック製品、食品関連などの幅広い仕事内容があります。土日休みや寮完備の案件が多く、40~50代や女性も活躍できます。