管理職の求人選びをスムーズに行うために必要なことは?


経験者向けの求人を扱う転職エージェントに相談しよう

民間企業の営業や事務、経理など様々な部署の管理職の求人に応募をしたい時には、経験者向けの求人を多数扱っている転職エージェントに相談をすることがおすすめです。特に、大手企業で重要なポジションを長く勤めあげた人や、経営幹部から高く評価を受けた人は、給料や福利厚生など様々な面で恵まれた条件で転職できる可能性が高くなっています。そこで、数ある転職エージェントの中でも、40代以上の経験者の内定率が高いところや、ベテランのキャリアアドバイザーが揃っているところに登録をすることがおすすめです。また、エージェントによっては、中途採用の書類選考や面接の際に上手く自己アピールができるよう、担当者がメールや電話で継続してアドバイスをしてくれるところもあり、転職経験が少ない人も安心して転職活動に取り組めます。

志望業界の優良企業が集まる転職フェアに参加しよう

転職後に管理職として民間企業で力を発揮したい人は、転職活動を有利に進めるため、志望業界の優良企業が集まる転職フェアに参加をして、直接人事担当者や各部署の責任者と相談をするという方法もあります。たとえば、ITや医療、メーカーなどの経験者が優遇されやすい企業の中には、様々な職種の実務経験が豊富な転職希望者を対象に、転職フェアの際に職場見学を受け付けたり、希望に応じて適職診断をしたりするところもあります。また、一次面接をその場で受けることができる転職フェアの数も増えているため、すぐに内定先を見つけたい時には、近い将来に行われるフェアの内容を日ごろからチェックしておくと良いでしょう。その他、すでにいくつかの転職フェアに参加をして同じ年代の転職者の口コミに目を通すのも有効です。

ネットワークエンジニアはどちらかというと下流と言われ、肉体労働的な業務も行うことがあります。顧客からトラブル連絡があったらパソコンを持って現場に駆け付けたり、24時間対応なので夜勤の仕事があったりです。